ロータリー工法

ロータリー工法(大型)

特長

・すべての地層に対応。
・オープンホール工法の為、最も良質な帯水層にストレーナー(取水口)をセットする事ができる。
・掘削振動がほとんど無い。

欠点

・調泥にベントナイトを使用するため、透水係数の低い地層や、水量の少ない地層には不向き。

 

ロータリー工法(小型)

パーカッション法
エアハンマー法

上記以外にも以下のような工法がございます。

オープンホール工法
掘削孔が目的深度に達するまで、泥水にて掘削孔の崩落を防ぎ、深度到達後、掘削サンプル、電気検層にて最良の帯水層のみを判定して、ケーシング管とストレーナーをセットする。
ケーストホール工法
掘削と同時にケーシングをセットしながら掘進する為、ストレーナー長は掘削前の想定にてセットする。したがって帯水層厚がストレーナー長よりうすかった場合、水質低下や排砂現象をおこす場合がある。

 

 

Mail to 東洋アーステクノ
禁複製 Copyright(C)1999-2013 TOYO Earth-Techno CO.,LTD. All Right Reserved.